2020年東大入試 「英語力の証明書」を導入

東京大学は25日、2020年入試において受験生の英語力を確認する方法として、高校の調査書への記載ではなく、専用の「英語力についての証明書」の提出を求める方針を発表した。

同大は、①民間の英語試験の成績、②CEFRのA2レベル以上に相当する英語力があることが明記された高等学校による証明書、③何らかの理由で上記のいずれも提出できない事情を明記した理由書、上記①~③のいずれかの提出を求める方針をすでに表明していた。

そのうちの②について、複数大学を受験する場合、東大提出用の調査書のみを別に作成しなければならないことにすると、調査書を作成する高等学校において混乱が発生することが想定されるとし、それを回避するため別紙「英語力についての証明書」の導入を決めた。

また、③の理由書については、事故や病気などのやむを得ない理由で、予定していた認定試験を受検できなかった者、また「高等学校卒業程度認定試験」の合格者や、高等学校を卒業して何年かを経ているために高等学校における証明を得られない者など、様々な理由で①も②も提出できない場合に適用されるとしている。

なお、②「英語力についての証明書」、③理由書の様式については、今後発表される見通し。

資料請求 電話 入学案内 アクセス