稲門高等学院における新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

 

%e6%84%9f%e6%9f%93%e9%98%b2%e6%ad%a2

 

 

現在、稲門高等学院では、東京都が作成した
「東京都感染拡大防止チェックシート」に則り、
以下の感染拡大防止対策を実施しています。

 

 

 

1.手洗いの徹底・マスクの着用
  ◇社員・教師・生徒は全員マスクを着用し、入室時には手指消毒(アルコール消毒)と検温を徹底しています。
  ◇社員・教師・生徒にはフェイスシールドを配布して、必要に応じて着用するよう推奨しています。

2.ソーシャルディスタンス

  ◇授業で使用する机を限定し、生徒と生徒の間隔をとっています。
  ◇教室の密集を回避するため、入室上限人数を設定し、教室内の人の密集度を常に一定の基準値以下*に留めています。(*高等学校の密集度のおよそ半分以下)

3.「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けて行動

  ◇授業の入れ替え時間を十分に確保し、一時的な密集度の上昇を回避しています。
  ◇授業の入れ替え時は毎回、窓・扉を開けて、教室内の換気を徹底しています。

4.施設の清掃・消毒

  ◇使用した学習机の消毒を授業の入れ替えごとに実施しています。
  ◇共用部分(ドアノブ・トイレ等)の消毒を徹底しています。

5.利用者・従業員の体調管理

  ◇社員・教師は出社前に検温をし、37.0度以上の発熱に加え、咳、全身倦怠感等の症状があれば出社せず、自宅待機としています。
  ◇生徒は発熱(37.5度以上)や咳、風邪症状が出た場合は、授業への出席を控えていただいています。

6.業界ごとの個別チェック項目

  ◇上記以外に、業界団体(公益社団法人 全国学習塾協会https://jja.or.jp/)のガイドラインも参照しながら、取組を実践しています。

 

 稲門高等学院では、今後も生徒の安全・安心を第一に考え、教室を運営してまいります。
生徒・保護者様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

資料請求 電話 入学案内 アクセス