東大 民間英語試験を必須とせず

東京大学は9月26日、2021年度一般入試の出願要件について発表した。出願資格は「CEFR対照表のA2レベル以上」(実用英語技能検定<英検>でいうと準2級から2級)に相当する英語力とし、英語民間試験の成績の提出は必須とせず、民間英語試験の成績または同等の英語力があると明記された調査書の提出を求める。またどちらも提出できない場合は理由書を提出する。

Webサイトによると、「高等学校卒業段階で、A2レベル相当以上を達成した高校生の割合を5割以上にする」という第3期教育振興基本計画の目標設定に合わせて、2021年度一般入試では、CEFRのA2レベル相当以上を出願要件とする。そこで、従来の出願要件に加え、「大学入試センターによって『大学入試英語成績提供システム』の参加要件を満たすと確認された民間の英語試験の成績(CEFRのA2レベル以上)」「CEFRのA2レベル以上に相当する英語力があると認められることが明記されている調査書など高等学校による証明書類」「民間の英語試験の成績、証明書類のいずれも提出できない者はその事情を明記した理由書」のうちいずれか1つの書類を提出する。3つのうちいずれかの提出がなければ出願が受理されないが、受理された後は合否判定の資料としては用いない。となっている。

情報提供:安田教育研究所

資料請求 電話 入学案内 アクセス