不登校からでも有名大学進学を目指せる個別指導の通信制高校・サポート校です。

稲門高等学院中等部 中学生のためのサポートコース
  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230

    受付時間:9:30~18:00 / 土日祝定休

英単語のおさえドコ

このコーナーでは、入試問題の中から英単語を取り上げて、その使い方や、単語の持つ意味を理解していきます。入試問題で間違えやすいポイントを整理しながら進めていきます。

第9回 前置詞「for」その②

前回の授業では、forは、【方向】と説明しました。この【方向】という意味が根底にあることを押さえた上で、今回は一息に、受験レベルまで飛びます。

今回は、【限定】用法です。
例えば、今東京にいて、これから、最短のルートを通って、沖縄に行くとします。「最短で」ということであれば、必然的に、南に進路(方向)を取ることになります。ここでは、南以外は考えられません。つまり、南【しか】ないのです。ある方向が示されているということは、今回のように、【限定】の意味が伴うことがあるのです。

入試でよく見られる英文です。

He looks young for his age.

「彼は年齢の方向に???若く見える」
このforは、【方向】では、ピンときませんが、【限定】ととらえるとすっきりします。「彼は彼の年齢に限定する」と、例えば、彼の年齢が30歳だとすれば、「30歳に限定すると若く見える」となり、ここでは、「彼は年齢の割には若く見える」という訳になります。forには、「~の割には、~にしては」という【限定】の意味があります。

では、次の文はどうでしょう。

The weather was cold for September.

もう分かりますよね。「天気は9月の割には寒かった」

ちなみに、皆さんにとって、なじみ深い「~の間」という訳し方も、この【限定】用法で理解できます。

I want to rent a car for two days.

私は2日間車を借りたい。」これを【限定】用法で訳すと、「2日間(という期間の長さ)に限定して借りたい」となります。

2回に渡って、forのイメージを説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
日本語の意味(対訳)を覚えて通用するのは、高校入試までです。
前置詞のイメージをしっかりとつかんでおけば応用が効きます。

  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230 受付時間9:30~18:00 / 土日祝定休