音楽鑑賞会

10月4日(火)第4回目となる稲門高等学院の音楽鑑賞会が開催されました。今年度の音楽鑑賞会は、昨年度に引き続き、佐川貴恵さんと鈴木いとなさんにピアノを演奏していただきました。
昨年は、2台のピアノがある会場で、ピアノ独奏、ピアノ連弾、2台ピアノの演奏をしていただきましたが、今年はお二人に4曲づつ独奏をしていただきました。
音楽鑑賞会9再 切
Casa Mozartのピアノ(べシュタイン)
音楽鑑賞会10 再 
原宿駅から徒歩5分のCasa Mozart
会場となった「Casa Mozart カーサ・モーツァルト」は、モーツァルトの大ファンであったという故・中村眞氏が蒐集したモーツァルト関連の書籍や資料が多数展示されている「モーツァルトの家(Casa)」です。JR「原宿駅」から徒歩5分、東京メトロ「明治神宮前駅」からは徒歩2分という「ラフォーレ原宿」裏の好立地の場所にあり、白い壁にモーツァルトの浮き彫りがついた外観が目印となっています。
開演前の様子
熱心に聞き入る観客
生徒からの花束に笑顔のお二人
生徒からの花束に笑顔のお二人
さて、音楽鑑賞会ですが、開演前に鈴木先生からコンサート中の注意事項などについてお話がありました。そして、デモンストレーションとして、テレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲『 I am 』の触りの演奏がありました。
コンサートは、佐川貴恵さんの独奏4曲に続き、鈴木いとなさんの独奏4曲が演奏されました。
お二人とも3月に音楽大学を卒業され、佐川さんは4月より社会人1年生として仕事に勤しみ、鈴木さんは大学のアドバンスコースにてピアノを勉強されています。それぞれ多忙の中、我が校の音楽鑑賞会のためにご尽力いただき、心より御礼申し上げます。また、それぞれの道にて、一層のご活躍を祈念いたしております。
音楽鑑賞会5
鈴木先生からのお話し

Program

Kie Sagawa Piano Solo
1. シューマン : 「子供の情景」より トロイメライ
R.Schumann : Kinderszenen Op.15 “Traumerai”
2. ショパン : ノクターン第2番
F.Chopin :Nocturne No.2 Es-Dur Op.9-2
3. ショパン : バラード第3番
F.Chopin :Ballade No.3 As-Dur Op.47
4. ベートーヴェン : ピアノソナタ第26番「告別」
L.v.Beethoven : Piano Sonate No.26 “Lebewohl” Es-Dur Op.81a

Itona Suzuki Piano Solo
1. ショパン : 幻想即興曲
F.Chopin : Fantasie-Impromptu cis-moll Op.66
2. ドビュッシー : 喜びの島
C.Debussy : L’ lsle joyeuse A-Dur
3. シューマン=リスト : 献呈
R.Schumann₌F. Liszt : Widmung S.566 R.253
4. グラナドス : 演奏会用アレグロ
E.Granados : Allegro de concierto Ces-Dur

音楽鑑賞会 佐川さん 鈴木さん 新2

今回お世話になった方

Casa Mozart

〒150‐0001
東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
http://casamoz.org/

生徒の感想

M.Mさん
昨日、ピアノの演奏を聴きに行きました。すごく綺麗でした。歌うように弾いているように聞えました。古典派の音楽とは違い、超絶技巧の自由な感じの曲だなぁと思いました。
特に印象に残ったものは、「演奏会用アレグロ」です。和音の移動がとてもかっこ良かったです。私は手が小さいので、いつも懸命に手を広げて弾いています。あれを聞いて、本当に尊敬しました。
また、驚いたことが、ピアノとは関係ないのですが、ドレスは鈴木先生自身が手掛けたということです。これには大変びっくりしました。手先が器用で羨ましいです。
あっという間の時間でした。そこまで長く感じませんでした。もう少し聞いていたかったです。お二方とも素敵な演奏をありがとうございました。ますますピアノが好きになりました。私ももっと練習して上達したいものです。

T.Sくん
今回、音楽鑑賞会が催された「カーサ・モーツアルト」は立地がよく、雰囲気も良かった。ベヒシュタインのピアノの音は初めて聞いたが、何となく良い音だと感じされられるものだった。演奏曲は有名な作品とのバランスが取られており、誰でも楽しめる内容だったと思う。今回のプログラムの中で、私が最も好きなのは、やはりショパンの「幻想即興曲」である。あと、開演前の報道ステーションのテーマ曲「I am」も実はかなり好きな曲である。久々にピアノソロを聴けて、非常に有意義な機会だった。そして改めてピアノの素晴らしさを再認識した。

H.Oさん
今回の音楽鑑賞会では、ピアノの演奏を間近で聞くことができました。ピアノを弾いて頂いたお二人の演奏についてですが、私自身はピアノなどの楽器全般を使うのはとても苦手で、楽譜も読めない音楽素人のため、ピアノの演奏をして頂いている時も、「左右の手が違う動きをしている!すごい!」「人の指はあんなにも複雑な動きができるのか…!」と、とても素晴らしい演奏をして頂いているにも関わらず、手元ばかりに意識が向いてしまい、とても申し訳なく思っています。すみませんでした。
大変お恥ずかしい話ですが、私の勉強不足のため、今回演奏して頂いた曲全てを、私は全く知りませんでした。ですが、曲によって優雅なものや、激しいものなど雰囲気が異なっていて、飽きの来ない鑑賞会でした。1つの曲でも曲想が変わっていたりして、とても面白かったです。
このような貴重な機会を与えてくださった関係者皆様、本当にありがとうございました。とても有意義な時間でした。

資料請求 電話 入学案内 アクセス