不登校からでも有名大学進学を目指せる個別指導の通信制高校・サポート校です。

稲門高等学院中等部 中学生のためのサポートコース
  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230

    受付時間:9:30~18:00 / 土日祝定休

総合学習プログラム

見学・体験を通じて個々の感性を磨く
学習プログラムを紹介します。

芸術鑑賞「日展」鑑賞

国立新美術館で開催されている「日展」。11月12日は、「日展の日」ということで入場料無料。どれだけの方が入場されたかはわかりませんが、そんな機会を是非とも利用して、芸術の秋には、素晴らしい絵画や美術品を鑑賞してほしいものです。
という私たちは、「日展の日」の翌日、11月13日(金)に『改組 新 第2回(平成27年度)日本美術展覧会(日展)』を鑑賞しに行ってきました。入場無料の翌日のせいか否か、はたまた気のせいか否か、会場はいつもよりも空いているように感じました。
日展写真7

日展写真3

我が校の総合学習プログラムで「日展」を鑑賞するのは2011年に続き、2回目となります。日本最大級の総合美術展である日展は、「日本画」「西洋画」「彫刻」「美術工芸」「書」の5部門からなり、膨大な数の作品が展示されています。すべての作品を鑑賞するには、かなりの時間と体力を要するような気がします。本当は、一日掛けて、じっくりと作品を鑑賞したいところですが、午前中の時間を使って、各自が自由に鑑賞としました。初めて日展を鑑賞する者にとっては、膨大な作品に圧倒され、どこからどのように見て行けばいいのか悩むところですが、生徒たち、そして先生方は迷わず(?)歩みを進めていました。(^-^)
日展写真9

日展写真8

日常生活を送るなかで、なかなか美術と触れ合う機会はありませんね。特に美術が好きな人は別として…。でも、時には芸術に触れるのも良いものです。稲門高等学院では、先月は音楽鑑賞会でピアノを聴きました。そして、今月は美術の鑑賞です。音楽や美術といった芸術は、人間の心が生み出した偉大な遺産であって、人間の心を癒してくれる偉大な力を秘めているもののように思えます。みなさんも、是非年に数回、いや年に1度、いやいや数年に1度でもいいので、美術展に足を運んでみてはいかがでしょうか。
日展写真5

今回お世話になった方

国立新美術館
http://www.nact.jp/
東京都港区六本木7-22-2

国立新美術館は、2007年(平成19年)1月に開館した黒川紀章設計の美術館です。延床面積は日本最大の美術館で、日本で5館目の国立美術館となります。他の4つの国立美術館(東京国立近代美術館・国立西洋美術館・京都国立近代美術館・国立国際美術館)と異なり格別の収蔵品を持たない展覧会中心の美術館で、公募展、企画展、共催展の三種の展覧会を開催しています。

生徒の感想

S.Fくん
今日は国立新美術館で日展を見てきました。洋画や日本画などの絵画はもちろん、彫刻などの作品も見られました。最近、美術館に行っていなかったので、とても新鮮でした。風景画は近くのものと遠くのもので大きさや色使いを変えており、本当にその光景を見ているかのようなリアリティーがありました。中には線だけが描いてあるような抽象的なものもあり、素人には、すごさが分からなかったです。彫刻は、性別・年齢・表情など全て違う人が一面に佇んでおり、少し異様な雰囲気でしたが、細部までしっかりと作り込まれており、圧巻でした。一つのコーナーだけでもかなり広かったので、少し疲れましたが、息抜きに芸術に触れるのは良いことだと思いました。

M.Sさん
私は油絵を描くのが好きだったので、今回いろんな人の油絵を見ることが出来て、楽しかったです。特に日展では、普通の美術館のように得の前にテープがないので、かなり近くで絵を観ることができたので良かったです。また来年も言ってみたいし、他の美術館にも行きたくなったので、機会があれば違うところも行ってみたいと思います。

M.Hさん
今日は、とても多くの洋画・日本画を観ることが出来た非常に良い機会だったと思います。洋画・日本画は、洋服のしわや肌の質感、葉の模様や風景が、まるで写真のように綺麗でした。手足に浮き出ている血管の青さは、本当に生きているようでした。線路が描かれた作品は、今にも電車が走ってきそうでした。彫刻は、予想以上にリアルで、とても驚きました。髪・胸・背中・ボディライン・爪先に至るまで、本当の人間のようでした。同じ人の形をした作品でも、作者によって、表情や姿形に違いがありました。一部の作品は、360度どの角度からも見ることが出来てよかったです。今まで、美術館では、重荷海外の芸術家の作品を観て来たので、今回を機に、日本人の持つ繊細さを映し出した、国内の作品にも触れていこうと思いました。

Y.Wくん
今日行ったような美術館には、ほとんど行ったことが無かったのでよい経験になった。絵画を見て思ったことは、どの作品も素晴らしく、色々な絵があるんだなということだった。中には、本物の人のように見える絵もあって、あんんあにリアルな絵を観れて良かったし、その絵を描いている人はすごいなと思った。直国の作品も人間の体のこまかしところまで再現されていて、本当にすごいと思った。また機会があったら、美術館に行ってみたいと思った。

  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230 受付時間9:30~18:00 / 土日祝定休