不登校からでも有名大学進学を目指せる個別指導の通信制高校・サポート校です。

稲門高等学院中等部 中学生のためのサポートコース
  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230

    受付時間:9:30~18:00 / 土日祝定休

英単語のおさえドコ

このコーナーでは、入試問題の中から英単語を取り上げて、その使い方や、単語の持つ意味を理解していきます。入試問題で間違えやすいポイントを整理しながら進めていきます。

第1回 『almostは「ほとんど~」ではない!?』

皆さんは、この単語を「ほとんど~」という訳語で覚えているのではないでしょうか。では、次の英文を訳してみてください。

I almost forgot.
They almost died.

簡単ですよね。

I almost forgot. は、「私はほとんど忘れてしまった」 受験時代にはあんなにたくさんのことを覚えたのに!
They almost died. は、「彼らはほとんど死んでしまった」 あと2日早く救助に来てくれていたら、もっとたくさんの命が救われていたのに…。

実は、上記の訳は×です。正解は、

I almost forgot. 「私はもう少しで忘れるところだった」
They almost died. 「彼らはもう少しで死ぬところだった、死にかけた」

なぜでしょうか?

それは、almostを「ほとんど~」と覚えていることに問題があります。確かに、「ほとんど~」と訳して問題のないケースも多いのですが、その訳語は、本質からすると、少し外れ兼ねない微妙な部分があります。

almostは、「その状態に近いが、そうではない、やや足りない」というのがコアです。訳語を当てるのなら、「もう少しで~(するところ)」のほうが、柔軟に対応できます。

I almost forgot. 「私はもう少しで忘れるところだった」つまり、忘れてはいないのです。
They almost died. 「彼らはもう少しで死ぬところだった」つまり、死んではいないのです。勝手に、殺さないでくださいね。(笑)

  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230 受付時間9:30~18:00 / 土日祝定休