第13回 『気付いた時がその人にとってのスタート』

長い夏休みも終わり、徐々に秋の気配を感じる季節になりました。
この夏休みは夏期講習を利用して、しっかりと1学期の復習を終えることができた、または受験の基本をマスターできたという人はたくさんいることでしょう。反面、中々思うように勉強が進まなかったという人もいたと思います。

私の好きな言葉に、『気づいた時がその人にとってのスタート』という言葉があります。

何をするにも、毎回計画通りに順調にいく、というわけではありません。
むしろ、この世の中は、思い通りにいかないことの方が多いのではないでしょうか。
しかし、うまくできなかったことをいつまでも後悔し、自分を責めても始まりません。かえって、後ろ向きになるだけです。そこで、この夏休みをうまく活用できなかった人に、この言葉を送りたいと思います。

この夏休みに思うように勉強ができなかったならば、今から(これから)、しっかりと勉強をしていけばいいのです。That’s all !

時間軸を考える上で、過去、現在、未来という区分けをしますが、私たちは、過ぎてしまった過去には戻れず、また、まだやってもこない未来にも行けないのです。明日という未来は、明日になれば、その時点の今(現在)になります。どこまで行っても、過去にも未来にも私たちは存在していないのです。

私たちは、過ぎてしまった過去を悔い、引きずり、また、永遠にやってこない未来を案じ、時には恐怖さえ覚えることもあります。しかし、どこまで突き詰めても、私たちがいられるのは、今、この現在だけなのです。
未来をよくしたいと思うならば、過ぎてしまった過去は一旦脇によけ、今を大切にするのです。言うまでもなく、今の積み重ねが未来を創るからです。必要以上に焦ることなく、1歩1歩着実に前に進んでいけばいいのです。

『気付いた時がその人にとってのスタート』

今、ここからがスタートです。
他人は他人、あなたはあなた。理想の未来に近づいていけるよう、今日(今)から始めて行きましょう!

資料請求 電話 入学案内 アクセス