第6回 『ゆったり過ごしましょう!』

GWも終わり、いよいよ学校も本格的に始まりましたが、最近、季節の変わり目のせいか、はたまた、寒暖差の影響からか、体調を崩す生徒が目立ちます。また、5月病という言葉があるように、どことなく、気分がすぐれなかったり、体がだるかったりといった症状を訴えてくる生徒もいますが、皆さんは、いかがでしょうか。

こういった時期は、精神的にも肉体的にも様々な症状が出てきがちですが、そこで、大切なことは、変に焦ったりしないことです。たとえ学校に行けなかったとしても、自分を責めたり、落ち込んだりすることはありません。こういう時こそ、気持ちをゆったりさせてみてはいかがでしょうか。

例えば、海に入っているところを想像してみてください。浮こうとすればするほど、沈んでいきます。しかし、逆に、もうどうにでもなれと言わんばかりに、体を水に預けてしまうと、不思議と、人の体は浮くものなのです。面白いもので、焦れば焦るほど、泥沼にはまっていくものなので、こういった状況に陥った時には、心も体も、いったん手放してみてはいかがでしょうか。

そう、焦らず、心をゆったりさせるのです。「あ~、今、なんとなく気分が滅入っている自分がいるなぁ~とか、体がだるいなぁ~」といったように、第三者の目線で自分を見てみるのです。すると、気持ちが冷静になって、気分が落ち着いてくるかもしれません。一度、だまされたと思って、やってみてください。ポイントは、焦ったりするなど感情的にならず、客観的に自分を見ることです!

資料請求 電話 入学案内 アクセス