第4回 『人生の扉はいつ開く!?』

先日、卒業生から手紙が届きました。「今、私、人生を楽しんでいます!」と。実は彼、在学中は、人と話すことを常に避けているような生徒でした。それでも、勉強は何とか頑張って(教科指導の先生の頑張りの方が大きかったかな?)、最終的には、大学に進学できました。ただし、卒業した後はそれっきりで、私もずっと気になっていました。

先月、思い切って彼に手紙を出してみました。当然返事は期待せずに。ところが、なんと返事が返ってきたのです。それだけでも十分驚きなのに、手紙を読んでみて、さらにびっくり!「今は自分がしたいことができ、人生が楽しい」と書いてあり、さらには、演劇をしたり、司会のアルバイトまでしているとのことでした。今までの彼を知っている人には、そのような彼の姿を想像できたでしょうか。人と面と向かって、会話をすることさえ難しかった彼が、果たしてこんなにも変われるものだろうかと。

これを読んでくださっている皆さんの中には、「人生、お先真っ暗!」、とか、これからの人生に対して、楽しいことなんて何もないなんて、考えている人も中にはいるかもしれません。でも、大丈夫!人生は、意外と捨てたものじゃありません。人生とは、あることをすると、不思議と開けていくものです。

そう、それは“行動”です。まずは、アクションを起こすこと、それが第一歩です。無理に自分を変えようとか、変わろうとする必要はありません。ましてや、何かを決意する必要もありません。ただ、何かを始めればいいのです。大丈夫!等身大のあなたから始めてみませんか。私は、そんなあなたのお手伝いができればと思っております。

資料請求 電話 入学案内 アクセス