不登校からでも有名大学進学を目指せる個別指導の通信制高校・サポート校です。

  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230

    受付時間:9:30~18:00 / 土日祝定休

きょうとうレター

当校の教頭が伝える、
みなさんへのレターです。

第43回『卒業式を終えて』

先日、卒業式が無事に終わりました。

その日を迎えるまでには、毎年私たち教務と生徒達との間には様々なドラマがあり、もっとも感慨深い1日となります。今回も、涙があふれ、言葉に詰まる卒業生がいたり、後輩に向けて力強いメッセージを送ってくれた卒業生がいたりと、教職員一同の心に残る素敵な卒業式でした。

そんな中、今回紹介するのは、卒業式の前日に電話で会話をしたある卒業生(S君)です。S君は志望校に向けて必死に勉強を続けてきましたが、残念ながら自身が望む結果を出すことが出来ませんでした。
中野:「明日の卒業式には来るよね?」
S君:「行きたい気持ちはあるけど、お世話になった先生方に合わせる顔がない・・・」
中野:「そんなことないよ。S君が最後の最後まで、遅くまで教室に残って頑張っていたのを先生たちみんな知ってるよ。後輩たちも、S君のその姿を見て、みんな刺激を受けていたよ」
S君:「でも、結果が出なければ意味がない・・・」
中野:「確かに、受験は結果がすべてだからね。S君の言うこともわかる。けれど、ベストを尽くして闘ったんだから、その点については胸を張ってほしい」
S君:「・・・先生、悪いけど、やっぱり卒業式は難しいかも・・・」
中野:「そんなことない。気持ちの区切りをつけるためにも卒業式には出なきゃだめだ。先生、明日会場で待ってるよ」
翌日、S君は会場に姿を見せてくれました。

式の中で、卒業生一人ひとりにお世話になった先生方への感謝の気持ちや高校生活の思い出、後輩たちに向けたメッセージなどを話してもらいます。そして、今年の「大取(おおとり)」はS君です。
S君:「今回、結果を出せず、最終的には、大学には進学しない道を選択しました。でも、今度こそは、そこでしっかりと結果を出し、次につなげていきたいと思います。それから、後輩の皆さん、学院の先生方は、面倒見のいい先生方ばかりだから、進路のことや悩み事があったら、どんどん相談してみてください。きっと受け止めてくれます。稲門高等学院という通信制高校サポート校だからこそ、時間もあり、また、ここでしかできないこともたくさんあると思うから、悔いのないように高校生活を送ってください。先生方には、大変お世話になり、ありがとうございました」
S君の堂々としたスピーチを聞いて、私の中には熱いものがこみ上げきました。

思春期という難しい時期にあって、時に、生徒達にこちらの思いが上手く伝わらないこともあり、教師の立場として、思い悩むことも少なからずあります。しかし、最後にこうして、生徒たちの素直な気持ちや感謝の言葉を聞くと、一瞬にしてすがすがしい気持ちになります。

卒業生の皆さん、卒業おめでとう!そして、ありがとう。
皆さんの今後の活躍を祈っています。

早いもので、もう新年度がすぐそこに来ていて、新たな1年が始まろうとしています。
今年は、どんな生徒たちに出会えるのか楽しみです。

  • 入学・見学・資料請求 随時受付中

    メールフォームからのお問い合わせはこちら

  • お電話でのご相談・お問い合わせは

    0120-88-1230 受付時間9:30~18:00 / 土日祝定休